「社長!その手書き伝票止めませんか?」


燕市製造業の業務改善をクラウドで支援するSFTCで、企業間業務の作業時間を削減
デモのご希望・お問い合わせはこちらから

新着情報

2021/02/15
SFTC ポータルサイトがオープンしました。

イベント情報

イベントのお知らせはありません。

SFTC とは?

SFTC (Smart Factory Tsubame Cloud) とは、燕市の製造業をターゲットとして、 受発注や納期確認、製造進捗など、ITを利用した企業間での情報共有を実現し、 事業継続を支援するためのクラウドサービスです。

金属加工産地である燕市は、早くから分業による企業間取引が行われています。 そのしくみは、電話、FAX、対面での打合せなど、アナログ的な業務が中心であり、 これからの DX 時代を生き抜くためには、企業間取引業務のデジタル化が大きな課題であると考えます。

SFTCを導入することで、取引に必要な情報はすべてクラウド上でデータ管理され、 企業間でリアルタイムに情報共有できるため、個別の伝票や契約書の作成・管理が不要となり、 既存業務の改善および生産性アップが期待できます。

また SFTC はクラウドサービスであるため、導入にあたり専用機器などを準備する必要がなく、 インターネット接続ができるPC・タブレット等のデバイスがあれば利用可能であることも特長の一つです。

SFTC による業務改善で、まずは 1 時間の業務時間短縮を目指してみませんか?

f-1

SFTC で削減できる企業間業務

手書き伝票の作成・管理

契約書類の作成・管理

書類の FAX 送受信

注文状況・生産進捗状況の問い合わせ

データはすべて SFTC 上で管理されるので、個別の伝票や契約書の作成・管理が不要となり、 それを FAX で送信したり、電話で状況を確認する手間もいらなくなります。

f-11

さらにこんな効果も・・・

ペーパーレス化

見積書・発注書・納品書・請求書・・・あらゆる書類をクラウド上のデータでやり取りすることでペーパーレス化を進め、過去データの検索も素早く行うことができます。

見える化

受注状況から生産状況まで、クラウド上で管理することで自社の状態を見える化し、業務の無駄・ムラを防ぎます。

生産スピードアップ

生産状況を共有することで、自社内のボトルネックを把握。課題を解決することで生産スピードのアップにつながります。

SFTC で改善される業務フロー

今まで
f-4
SFTC導入後
f-1

発注側(製品メーカー)

f-2

発注情報を所定のボックス(フォルダ)に格納すると、SFTC へ自動登録され、発注情報が加工メーカー側へ送られます。 受注側(加工メーカー)から回答が入力されるとメールで通知が届きます。 発注後の進捗確認もオンラインで完結。請求処理も SFTC を通すことで手書き伝票は不要になります。


受注側(加工メーカー)

発注側から依頼メールが届いたら SFTC で受注内容を確認。(受注入力は不要)受注回答、納期回答を入力すると、 回答情報が発注側(製品メーカー)へメールで通知されます。 受注後の進捗報告もオンラインで完結。請求処理も SFTC 経由で完了します。

f-3

ここがポイント!

伝票の独自項目も簡単設定

各社独自の伝票項目が存在する場合でも、SFTC では項目設定をカスタマイズすることで対応が可能です。 また、項目設定は画面上で簡単に行うことができます。

f-5

受注メーカーの生産状況を見える化

受注側の生産状況が一目でわかるので、発注側は納期にあった受注先を選択できるようになります。 また、受注側は計画的な生産が可能となり、繁忙期や閑散期といった業務のムラを防ぎます。

f-6

操作デモ(動画)

SFTC を利用した運用の流れ

こちらのデモでは、SFTC を利用した受発注から製造完了までの運用の流れをご確認いただけます。

Video title

SFTC での各種設定について

こちらのデモでは、SFTC での取引項目のマッピング・画面表示設定の操作方法をご確認いただけます。

Video title

導入企業のご紹介

発注側(製品メーカー)

shinetsu logo
shinetsu logo2
shinetsu logo3
shinetsu logo4

株式会社新越ワークス 様

主な業務内容

調理器具、キャンプ用品、ペレットストーブの製造販売


発注業務では事業部や担当者で伝票形式が異なり事務作業が属人化している状況でした。 SFTC 導入に伴い伝票形式が統一され、発注情報のデータベース化ができました。 また、受発注情報を共有できるため、属人化によるミスが削減されました。 発注は FAX から PC 操作となり、納期確認などの情報は画面上で検索すればパッとできるようになりました。 大量の注文書から探す手間、印刷や FAX で移動する手間を大幅に省くことができています。 ペーパーレス化によるコスト削減の効果も実感しています。

受注側(加工メーカー)

myodo logo

明道メタル株式会社 様

主な業務内容

ステンレス材料の製造・加工・販売


SFTC 導入前までは、作業者が紙の伝票内容を確認しながら自社の基幹システムにデータを手入力する作業が非常に負担となっていました。 SFTC 導入により、取引した伝票データをそのままExcel出力できるようになったので、基幹システムへのデータ入力作業はコピー&ペーストで完結し、作業負担が大幅に軽減されました。

honma logo

有限会社本間産業 様

主な業務内容

工業用脱脂洗浄の受託洗浄・洗浄委託


SFTC を利用することで、今まで手書きだった伝票がデータ化されるようになり、作業者の記入ミス削減や記入内容に関する度重なる問合せ時間の短縮に貢献しています。 また、SFTC によって今まで属人化していた事務作業をある程度誰でも簡単に行うことが可能になったと感じています。

導入の流れ

f-8

お問い合わせ

まずはお問い合わせください。SFTC の詳細をご説明させていただきます。ご希望の方にはデモをご覧いただきます。

f-9

インターネット環境準備

インターネットに接続できる環境と、PC やタブレットなどをご用意ください。

f-10

アカウント発行

SFTC をご利用いただけるアカウントを発行いたします。

よくあるご質問

SFTC に参加できる企業の条件は特にありません。業種問わず、燕市以外を本拠地とする企業でも SFTC にご参加いただけます。
SFTC の導入にあたり、インターネットへの接続環境とシステムを運用するための PC ・タブレット等のデバイスのみご準備いただく必要があります。
SFTC は取引項目のマッピング機能によって、企業毎に異なる取引上必要な情報のやり取りにも対応できる仕組みとなっております。 そのため、企業独自の伝票をご利用されている場合でも、対応したマッピングを設定していただくことにより、同じ項目を SFTC で利用することが可能です。
SFTC でやり取りされる取引情報は、直接関わりのある企業間にのみ共有される仕組みとなっておりますので、あらゆる参加企業に対して自社の取引情報が公開されることはありません。

お問い合わせ

ページTOPへ戻る