伝票の自動作成で
作業効率をさらにアップ

~ AI-OCRによる伝票自動作成 ~

手書き伝票をAIに学習させることで、伝票作成にかかる時間を大幅に短縮。発送業務のスピード化が図れます。

ssss

AI OCRとは?

OCRとの違い

OCRは、画像データからテキスト部分を認識し、文字データに変換する機能です。手書きの伝票を手入力でデータ化するのは非常に労力がかかりますが、そこを補うのがOCRです。

ただ、OCRはすでに決められたロジック内でのパターン認識しかできず、そこから外れた手書き文字は認識できないといったデメリットがありました。

OCRにAI機能を搭載し、学習しながら識字率を向上させていくのがAI OCRです。認識に失敗した手書き文字も、その失敗をAIが学習することで識字率を向上させていくことが可能になります。

また、OCRのように読み取り位置や項目の詳細を定義する必要が無く、データ項目だけを抽出することができるので、既存のシステムとデータ連携してあらゆる伝票に再利用することができます。

AI OCRの活用

AI OCRの活用事例

株式会社鈴廣蒲鉾本店様事例

AI OCRを活用して、店舗宅配システムを自社で内製化。お歳暮やお中元などの繁忙期の業務を大幅に改善しました。

 

業務システムとの連携でさらなる業務改善

生産管理DXと連携

生産計画から出荷まで工場内のあらゆる業務をデジタル化することで、業務のやり方を変革し、DXを推進します。

工場の見える化と連携

出荷業務を含めてすべてを見える化することで、業務改善をさらに一歩進めます。

まずはご相談ください

中小企業のDX推進をお手伝いいたします。お気軽にご相談ください。