今さら聞けないDXとIT化の違いとは?

こんにちは!DX推進委員の山内です。
今回は、DX(デジタルトランスフォーメーション)とIT化、デジタル化の違いについて考えていきたいと思います。

DXという言葉が巷に溢れつつある昨今ですが、実は内心、IT化と何が違うの?と思っている方もいらっしゃるかと思います。
というかIT化の中にDXが紛れ込んでいるので非常に区別しにくいというのが現状です。

では、DXの定義について確認していきましょう。

DXの定義

2018年に経済産業省が公表した定義には、

「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、
顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、
業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」

と具体的に提唱されています。

この文章の中でいくつかポイントがあります。
上記の文章を2つに分けるとこでDXというものの本質が見えてきます。

DXの本質とは

まず、「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して」、とあります。
これはすなわちIT化ですよね。
つまり、事象としては

「IT化、デジタル化 = DX」

で、けして間違いではないのです。

違いがあるとすればその後です。その後の文章を見てみましょう。

「製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに業務そのものや、
組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」

今までのIT化というのは、情報の共有化をすることでミスを無くしたり、情報の再利用をしたりとそれなりな効果を発揮していました。
ですが、DXでは、ビジネスモデルや、会社の成り立ちにまでインパクトを与えるような激震的な効果を発揮するという点で
通常のIT化とは全く異なるのです。

一言でいれば、やるべき手法、事象は一緒だけどインパクトは全く違う。
効果という点では、DX >>>>> IT化、デジタル化 ということなのです。

DXを推進したいけれど、どうしたらよいかわからない、何から手を付けたらよいか迷っている、そんなお悩みをお持ちの方はぜひご相談ください。御社の経営課題をDXで解決するウイングです。

👉DXソリューションのウイング